就業規則作成サービス@大阪 │ 島田社会保険労務士事務所

就業規則作成サービス@大阪

【対応地域】大阪府、兵庫県、京都府、奈良県、和歌山県 その他地域は要相談

06-6657-4761

電話受付時間 : 9:00~20:00 土日祝日も対応可。

メール対応は24時間受け付けております。

お問い合わせはこちら


ROBINSロゴデザインa



ROBINS確認者
PR slide imagePR slide image


HPの青基調は過去から今への橋渡しをした沖縄県宮古島の海と空をイメージしています。

大阪で就業規則作成を社労士に頼むならこちら

あなたはこんなことでお悩みではありませんか?

056-photo
・「毎月、社員が辞めていく。
 ずっと募集してるが他の会社も同じなんやろか?」
・「残業代ってあまり気にしてない払ったことない。
 時々、貰った中元や歳暮を社員にやってる。」
・「社員とはうまくいってるが、この前、
 『ウチの会社 就業規則ありますか?』と聞いてきた。
 就業規則を何に使うつもりか知らんが何か怖くなってきた。
 正直、就業規則がどこにあるか内容も知らんのが本音。」
デモ・「社員は新聞などでベースアップという言葉に敏感なようで
 『ウチはベースアップしますか?』と聞いてきた。
 そんなん今までしたことない。
 適当にこいつはこんだけにしたろ、としてきたから。
 別にベースアップなんかいらんと思うが」
・「悪いのはわかってる。遅刻したんは自分やから。
 遅刻1回1万円の罰金、給料8万になってもうたがな。
 結局辞めました。」
・「悪さする従業員には罰を与えて反省してもらわなあかん。
 どんな罰にするかはいつもワシが決めてる。」
・「この前、ウチの役員が酔っ払って見ず知らずの通行人に暴行しよった。
 警察沙汰や。一応、他のもんに対しての示しちゅうことで反省文書かして終わりにした。
 何か問題でっか?」
001-photo
一つでもなんとなく当てはまったり心配することがあるなら、お気軽にご相談ください。
 
 
 

ご注意下さい!労使紛争になってしまう可能性があります。
その解決は莫大な金銭解決しかありません。

『そんなときの為に労使紛争解決保険に加入しています。』
なんてどこの保険会社もそんな保険商品は販売していないでしょう。ということは
多額な費用を保険金なしで支払うことになってしまいます。

社会保険労務士に相談しないとどうなるのですか?

上記のどれも全て労使紛争になる可能性があります。
最悪の場合裁判になることも想定されます。
裁判になれば多大な弁護士費用と多くの時間がかかり、
解決しても他の社員にも影響が及ぶ可能性があるので未然防止が必要です。

たとえば、こう考えて下さい。
病気になって熱が出たり、どこかが痛いという症状が出ますよね。
そこで医者に診てもらいますね。

そうすると診察料、薬代も要りますし
中には完治するまでに時間を要することもあるでしょう。

そこでそうならない為に、日頃から健康に留意しましょう。
適度な運動や食事にも気を使いましょう。
となりますよね。
就業規則 SJS
それと同じと考えて下さい。
労使トラブルになる前にならないようにする。
それには就業規則の整備です。

就業規則はあるけど最初に作っただけで
後は1度も見たことないって会社があります。

そんなことしていては単にあるだけで機能していない。
健康維持のためにサプリメントを買ったけど
消費期限が過ぎてしまってて効果がなくなったのと同じです。

現行の法律に合致した規則にバージョンアップすることです。
060-photo
ネットでダウンロードした就業規則も見かけますが、
殆どが大企業向けの就業規則です。

それは、たとえば役員規定、副社長、専務等の出席する
経営会議の議長は社長がするとか。
福利厚生がどうとか長々と書かれています。

そんなの拝借したところで単に作っただけのこと。
オリジナルな自分の会社のルールを作ってこそルールは生きてくるのです。

私は、サラリーマン時代に「仕事に魂を入れろ」と言われ
自分もまた部下にそう言ってきました。

魂を入れてこそ良い仕事ができる。
やっつけ仕事はするな。

規則も単に作っただけでは魂はありません。

社長の心を文章化して社員に周知したら必ず良い結果が生まれます。

また法律が改正されても敢えて就業規則に明記していない会社はあります。

理由は、就業規則に書くとこっちが不利になるからと。
就業規則に書かなくても法律を守る義務がありますし
社員はすぐにネットで疑問点を検索して正しい知識を身につけています。

特に自分に関係することについての知識は社労士顔負けの知識を持った人もいてますから
就業規則に敢えて書かないほうがかえって不利になってしまいます。

「社員は機嫌よく働いてる。法律がどうのとか関係ない。
コミュニケーションが大事やから規則なんかあまり気にしていない。」と言う社長もいます。

確かにコミュニケーションは大切ですが、社員の心の中は見えません。
ある日突然が有り得るのです。
その時、「ブルータスお前もか」と言っても遅いんです。

何もない今だからこそ社内のルールブックを整備する絶好の機会なのです。

自分の身は自分で守る。
早期に就業規則の見直しに着手して社員のやる気アップを図りましょう。
決して損することはありません。

最後に付加価値である私自身を知って貰うために
私の座右の銘

明るく、大きく、元気よく

今日が良ければ明日も良い。今日がダメでも明日がある。

情けは人の為ならず…諺です。
社員と社長
会社も発展し社長も社員も楽しく笑っていられる会社で
雰囲気の良い環境の職場にしていきましょう。

失敗しない依頼先の選び方

1.料金をやたら引き下げて提案する。

2.短時間で完成品を作り上げる。

3.社員に甘すぎる就業規則を提案する。

4.作って納品してそれで終わり、後は勝手に自由にして下さいという姿勢

1.料金については自由化されており事務所によりまちまちです。
それはそれぞれの社労士事務所の経営次第ですが遥かに低価格にして提案するのは考えものです。
本当に会社を良くするつもりであるなら極端に安い料金提示には要注意です。

2.短時間で作りあげることも可能ですが、通常、私の場合は数回1~2時間のお時間を頂き、
聴取した上で作りますので1週間程度ではできません。
オーダーメイドの就業規則となればそういうものです。
もし短期間で納品するとすれば単にネットからのダウンロードが主となっている可能性もあるでしょう。

3.大手企業などは福利厚生の意味もあって休業制度で甘過ぎな規則があります。
社員の中にはそれを悪用して様々な要求をしてくることがあります。
甘過ぎる規則は考えものです。

4.納品すれば一応それで終わりですが、その後の運用はどうしていくのか
会社が発展することを真に考え、親身になって相談に乗って貰える社労士を選ぶことが大切です。
私は基本的に単発での受注はしていません。
就業規則を作って終わり、助成金を申請して終わりといったそれをしたらおしまいになる仕事は好みません。

長期に渡り、会社が発展し社員が生き生きと働ける会社に
縁の下の力持ちとして良いアイデアを出せる知恵袋のように活用して頂ければ幸いです。

当事務所の7つの特徴(強み)

(1)クライアントの気持ちを考えての対応

経営者目線と社員目線で会社が良くなる方法を一緒に考えます。
経営者の思惑と社員の気持ちが必ずしも一緒ではありません。
経営者の気持ちを社員に伝え、社員の気持ちを経営者に伝え、
共に良い会社を目指します。

そのお手伝いをさせてもらうのが私の役目だと考えています。

(2)備えあれば憂いなし

1305531477人事関係を本業として解決策を提案します。

人事関係の基本は就業規則の策定ですが、作るだけでなく浸透させていく。
それが私の仕事だと考えています。

(3)部外者の立場で率直に問題点を指摘

元銀行員としての目線で客観的に会社の問題点を洗い出し、方策を提言します。

経営者と社員としての目線だけでなく元銀行員としての経験は御社で必ず活かせる機会があるはずです。

✩資金調達の方法や決算書の見方
066-photo
人事だけでなく資金繰りや資金調達についても
元銀行員の経験から
会社の発展に繋がるアドバイスができます。

(4)価格の優位性は保持しない

料金に関しては他と競争しません。
付加価値で他との優位性を保ちます。

安いのが一番と考えるならそれはそれで否定しません。
安くて同じなら価格が勝負になるでしょう。

しかし私は価格を極端に安くするつもりはありません。
他の事務所とある程度の差を埋める努力はしますが私たちの業界の常識を遥かに超えた低料金設定はしていません。

その代わり付加価値を提供します。
付加価値とはすなわち私自身です。

(5)当事務所の範疇でない業務に関しての対応

会社経営では労務問題だけではなく様々な悩み事がつきものです。
自身で対応できない場合はネットワークを利用して専門家
(他士業、税理士、司法書士、行政書士、弁護士)をご紹介します。
radacina_men_in_black
現在お付き合いされておられる先生にご不満があれば
ご紹介させてもらいます。

常日頃の付き合いがなければ業界の専門家を
ご紹介させてもらいます。

但し「法律の抜け道を提案して欲しい」
「違法行為を要請する」などの類は私自身はもとよりご紹介はできかねます。

違法行為の教唆はしません。
違法状態を如何に適法状態にしていくかをご一緒に考えていける社長であればお受けします。
ご相談ください
自分で悩み、調べるより
専門家からのアドバイスの方が
良い場合がありますから、
なんなりとご相談ください。

(6)教科書で書かれていることを単に説明するのではない

books-441866_1280
実体験を通して社員の声なき声をお伝えします。

私自身が上場企業から未上場企業、個人経営、
また正社員からアルバイトや派遣社員といった非正規社員
を経験しており、経験に勝ものはないと思っています。

今、直接本当の声が聞こえなくても経験を通して
ある程度労働者の気持ちは予想できます。

そんな声はこれからの経営に
必ず役立てられるものと確信しています。

(7)会社の更なる発展のために尽力します

御社の業績伸長、売上、利益の増加に間接的に貢献します。
社労士は人事の専門家です。就業規則や人事評価制度の整備です。
それは重要なことですが、人が活き活きと働けることが会社の発展に繋がります。

023-photo

人があっての会社という反面、
会社あっての社員であることは否めません。
会社の業績が伸びるようにしていこうと
考えるのが当事務所のコンセプトです。

サービスの流れ

(1)例:就業規則作成

1.お問い合わせから登録
就業規則
2.お悩みのことがらを簡単に記入。

3.こちらからメ-ルか電話をして詳しくお伺い

4.訪問日のお約束 (1回目)

5.訪問 料金の説明と就業規則の完成に向けての説明

6.2回目の訪問 聴取 会社として記載して欲しい事項等

7.3回目の訪問 聴取 おおよその出来上がりを提示

8.4回目の訪問で納品

訪問回数は1回の所要時間を1時間から1時間半を想定しています。
それより短い場合は訪問回数が増加することもあります。

またメールにて内容をお知らせ頂いた際は訪問回数が減ります。

基本的には他に問題点がないか真面目に就業規則を策定するつもりか
その状況を見極めることから訪問回数は就業規則の策定では納品まで3回としています。

基本的に単発ではお受けしませんのでその辺りの確認も含めて
人間関係を構築する必要があるとも考えて訪問回数を設定しています。

その他の相談は内容により2回目 3回目の訪問はないこともあります。

(2)社労士試験の受験勉強を考えている方

個別授業で対応します。ネット授業も可
料金3000円~7000円/時間
社労士合格
私は独学で社労士試験に合格しました。
この経験を生かし資格学校に行く時間がない方に対して
個別に受験指導します。

暗記だけの勉強では息切れしてしまいますので最初から試験対策をするのではなく、身近なニュースを題材としてそれが社労士や社労士に関係する法律とどのような関係になっているのか理解していくことからしています。

社会で実際に動いている会社や人を見ている現役社労士による指導で合格へ導きます

(3)企業のグローバル化から英語の必要性は増しています。英会話の学習を希望の方

Englishimage
1.個別授業で対応します。 ネット授業も可
料金3000円~7000円/時間

2.会社内での研修の一貫で集団授業も可
料金別途応相談

子供 英語
3.英語圏を母語としている子供に対する日本語教育も実施。
当事務所の
米国居住経験があるスタッフによる
日常会話初期学習レベルからの対応が可能

将来の日本の国を担う人材の育成を目的としています。

(4)企業のグローバル化に伴う就業規則の英語版をお考えの方

Translation-icon

労働者の国際化の進展により社内の労働者の国籍は多様化しています。

就業規則の周知は義務ですが就業規則を英語化することで更に外国人労働者との信頼関係は増します。
040366
原則、当事務所に就業規則を依頼された方のみオプションで就業規則の英語版を作成しています。

但し、就業規則が他の事務所で作成済みで、それが最新の法令に準拠している場合は英語版のみをお受け致します。

(5)入社内定時のストレスチェック

gi01a201408112200
入社後のストレスチェックではなく
入社前にチェックすべくテストを実施。

未然に入社防止策を講じるのはいかがでしょうか?
当事務所では専門機関との提携によるチェックが可能です。

事務所アクセス

最寄り駅
【JR阪和線南田辺駅より徒歩6分・地下鉄御堂筋線西田辺駅より徒歩11分】
事務所所在地図及び道順等

資格者のご紹介

島田 崇(しまだ たかし)

CIMG0357

  • 保有資格:特定社会保険労務士
  • 登録会名:全国社会保険労務士会連合会
  • 登録番号:27120194
  • 所属:大阪府社会保険労務士会南支部
  • 会員番号:20394
  • 経歴:
    昭和60年4月 銀行就職 22年勤務
    その後民間不動産会社へ転職
    平成23年社労士試験合格
    平成24年島田社会保険労務士事務所開業
    平成26年4月特定社労士に登録変更
    平成26年7月医療労務コンサルタント登録
    専門は労働関係
  • 学歴:昭和56年3月帝塚山学園高等学校卒業
    昭和60年3月近畿大学法学部法律学科卒業「上手な従業員との付き合い方」
    「社員のやる気アップをする方法」
    「そんなことしてたらあきまへんで社長 就業規則の大切さ」等
    セミナーや講演を実施。企業からの依頼による研修会を実施するなど
    企業の発展に縁の下の力持ちとして活動。

追伸

bank
私は銀行に長く勤務していたことから
料金は銀行で言えば金利ということです。

貸出金利は低い方が預金金利は高い方が利用者にとって
有利であることは当たり前のことですが、

金利が低いが本当に困ったときには
助けてくれない銀行がありました。
困ったときに親身になって相談に乗ってくれるほうが
いいのではないでしょうか?
gatag-00000160

金利が低く困ったときに助けてくれて
親身に相談に乗ってくれる。
そんな銀行が一番いいとは思います。
ですがなかなかそうはいかないのが現実です。

金利は少々高くても決定が早いとか
希望金額を融資してくれるとか付き合っていてメリットはあるはずです。
そんな銀行は取引解消するのではなく上手に付き合っていくのが得策だと思っています。

私は、銀行時代からの経験で料金競争をしようとは思っていません。
労多くして身入りなしでは正直損となります。

商売をしていてすればするほど損するような商売をしますか?
ですから前面に料金をアピールするつもりはありません。
私自身を買って下さい。
それが見えない付加価値であることはお付き合いくださればお分かり頂けるでしょう。
014-photo
真面目に会社を良くしていく為に
私をどうぞご活用頂ければ幸いです。

Return Top